FC2ブログ

propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
ラズベリーパイ!
 普段の内容からちょっと外れますが・・・
「ラズベリーパイ」ってご存知でしょうか?(笑)
…おいしそうなお菓子の名前ですよね!?

いやいや、私が言いたいのは、「食べ物ですが食べたこと無いけど…う~ん、それじゃあなくてPC(パソコン)の名前」です。
約2年前に、学校で基本的なコンピュータの教育を促すうえで、英国のラズベリー財団が作った、
いわゆる制御プログラミングを学習するために創られたPCのことで、安価で高性能な手のひらサイズのPCです。
OSはLinux(リナックス)ベースで動くもので、WindowsやMacとはまた違っていますが、無駄の無い設計なのでシンプルでとても汎用性の高いPCです。

本体はプリント基盤剥き出しの名刺よりちょっと大きいくらいのサイズで価格は日本国内で4,000円ちょっと。重さは僅か45グラム!
構成はCPU(700Mhz)、メモリ(512KB)、GPU(Broadcom VideoCore IV)、USBx2、HDMI、RCA、LAN(10/100 Mbps)、外部記憶装置(SDカード)、 GPIO, UART, I²C, SPI、などなど…
あくまで基盤のみの本体ですが、お家にUSBマウスやUSBキーボード、HDMI端子付きのいまどきのテレビがあれば、すぐに操作やプログラミングが出来てしまうスグレモノ!!

ウチのテレビに繋いでプログラミング↓
テレビでプログラミング
LAN環境があれば、無料の専用アプリを入手することで、お手持ちのPCからも同じように操作やプログラミングが出来てしまうのです。

特に何が凄いのかと言いますと、いまどきのPCが備えている各種インターフェースや、プラグインで使えるドライバー&アプリが豊富なので、「何かに特化した処理」を比較的安易に処理できることが最大の魅力です。

大昔、プログラマーやSEをしていた経験もあってか、触手が反応したので、今年の始めに購入したのですが、なんだかんだで手が取れなくて忘れていました。
手のひらサイズでしょ!↓ 
raspberry pi !!

少し前にふと、思い出して、書籍やwebの記事を見ながら少し勉強して「悪さ」をしてみました。
…とある人から、「家で飼っているペットの状態が外出先から監視できないかねぇ…?」なんていうお話を聞いて、「アレ」なら安価にできるよなぁ… v(^_^)o と思ったのがきっかけです。
リアルタイムで動画を見ることができます。たとえば、室内の様子や、ペットの動き、水槽のお魚ちゃんや、防犯カメラにも応用できます。夜間監視用の赤外線カメラもオプションで用意されています。
夜間監視が必要なければ、普通のwebカメラで充分対応できます。価格は1,000円前後のもので大丈夫です。

で、今回試用中のライブカメラは1,100円で買ったもの。
24時間、広島港を遠目に見るかたちで動画を配信しています。ただし、赤外線カメラではないので、夜は電灯の光しか映りません。
あくまで試験的に配信していますので、必要がなくなったら配信を停止します。あしからずm(_ _)m
ご覧になりたい方、こちらをクリック→http://www.ustream.tv/channel/ujina-port-live
動画が始まるまでに少々時間がかかります。CMも流れます。しばしお待ちを。
夜よりも昼間のほうがお勧めです。
ちなみに、まだ実験中で動作が安定しないことがあり、ダウンして観れない場合があります。悪しからず。

ライブカメラに限らず、各種センサーはかなりの範囲で汎用品が使えますから、それらを接続すれば、いろんな観測や実験ができますし、温度や湿度、水のphとか、外部からお家のエアコンをコントロールしたり、GPSレシーバーを接続したりすることも可能で応用範囲はかなり広いです。
教育用とはいえ、ワタクシのようなおっさんにとってもかなり面白い「高性能なおもちゃ」です。





日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
来年もよろしくお願いします
 夏は暑い、暑いと汗びっしょりでエンジンルームに入っていたり、熱中症対策で首筋冷やしたり、スポーツドリンク持ち歩いたり、大型台風の接近に備えて何度も対策をしたり…ファーリングジブ何隻分上げ下ろししたかな(苦笑)
今夏を思えば秋をほとんど感じないまま、冬が来た感じです。
今年も同じくあっという間!

近年、肩やら腕やら首やら膝やら足首やらと何だかあっちこっちが痛みだし、マストの上が作業したり、狭いエンジンルームに入った後はちょいとつらい時もあります。ウインチ巻くときは、息がきれやすくなりました。
愛娘は今春、保育園デビュー。もうすぐ2歳になります。本当にあっという間。
それなりに歳を重ねていくごとに、身体がつらい時もありますが充実感は大きくなってきているような気がします。
なんたって、娘に元気をもらっていますから(笑)

今年も色々とお世話になりました。
また来年もよどうかよろしくお願いいたします。
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
i-phoneの電池交換
 前々回のバッテリーネタと、前回の電脳系?ネタです…

愛用しているスマートフォン「i-phone5」は購入して1年ちょっと経ちましたが、内臓バッテリーの持ちが悪くなって、もう半年くらい経ちます。
毎日充電は必須で、特に電波事情の悪いところに行く機会も多くて、電池切れで焦ることも。
色々と巷で流行っている省エネ対策してますが、かつて大流行した「たまごっち」のように何かの都度に設定を変える(エサを与える)みたいなことをしなければならなくて面倒くさい。

保証契約を別途してるので、販売店に持って行って、バッテリーチェックをしてもらってある程度の基準を下回っていたら、無償交換ということになるんだそうですが、その契約をしていてもわざわざお店に出向いて数十分~1時間待たされて、結局ダメ・・・・・・交換OKだとしても、本体を預けて代替機借りて、また返しに行って・・・・・・みたいなことになるのが「よくあるパターン」で、イラの私には我慢ができません(笑)

・・・・・っということで、何があっても保証の対象にならない Do it yourself. を試みてみました。

 まず、webで電池と専用工具を購入。 Amazonで電池が1,000円、専用工具が280円。安ぅ~♪
送料無料だし、待ってれば家に届きます。待つこと3日。電池交換に出したら、8,000円弱だとか。
↓届いたものを広げたら、こんな感じ。
右が新品バッテリー
工具はかなり粗末な物でドライバーの先端の精度が悪いので手持ちの精密ドライバーで対処(笑)付属の吸盤は良い仕事してくれました。
写真↓は左のi-phone本体に収まっているのが旧いバッテリー、右が新しいバッテリーです。
これから交換です。右が新品バッテリー
写真で見る限り、バッテリーは純正品?みたいな感じです。新旧どちらもApple Japanとプリントされてます。

webでバッテリー交換手順を検索するとたくさん出てきます。
それらを参考にして格闘30分!これで電源入らんかったら、どうするんかね!?
お見事!ちゃんと電源入りました。早速充電!復活しました。

あとはどれくらいの充電サイクルになるのか、楽しみです。←結局、いぢるのが好きなだけかもしれません(>_<)

日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
NAVIONICS
以前、こちらでも紹介しました、「NAVIONICS」というスマートフォンやタブレットで使えるGPSナビゲーションですが、アプリの値段が安く、使い勝手も良くて回航なんかにはもってこいの優れモノ!
何たって、数千円で日本全域はおろかアジアやアフリカあたりのチャートが手に入ってしまうのですから。
しかし、日本国内のチャートやGPS販売元(製造元)は良い気がする訳はありませんよね…
どうやら、色々問題が出ているため、日本は外されているのかもしれませんね。詳細は不明です。

私は、i-phoneを使っていますし、もちろんNAVIONICSのユーザーです。
数日前の2013年12月20日に、このアプリのアップデート(バージョン6)の案内が来ましたが、
急いで更新することも無かろうと思って保留していましたところ、仕事でお世話になっている方から連絡があり、
「NAVIONICSは更新するな!日本のチャートがスマホ本体から消されて、改めてダウンロードもできなくなるぞ!!」
…ということで、念のためアプリを起動して現在地がチャートとともに表示されたのでひと安心。
日本が消えてなくてひと安心!
私が使っているのは「Australasia & Africa」というものですが、今ではオーストラリアやニュージーランドは外されて別枠で販売され、日本は完全に削除されて「Asia & Africa」になっており、このバージョン6に更新することで「Asia & Africa」に入れ替わってしまうようです。
もちろん、新規で購入しても日本は出てきません。

早速、使ってるであろうお客さんにメールや電話で連絡。数十人のなかの1名のみ、残念ながら更新していらっしゃった様子。更新した人に訊いてみれば、やはり日本はエリアから外されていて、表示されないとのこと。

まだ更新されていない方は、そのまま放っておくほうが良いと思いますよ(^^)

とりあえず困った…という方には、方法があります。
JEPPSENから出ている「Plan2Nav」です。これはC-MAPを使うアプリで、アプリ本体は無料です。
i-phone用もAndroid用も出ていますので、それぞれのアプリ購入画面に進んで「Plan2Nav」で検索すれば出てきます。

アプリをダウンロードしたら、アプリを起動してその中でチャート(C-MAP)の購入を行います。(クレジットカード情報の入力が必要)
地域の一覧で「North Asia」を選択し「JAPAN AND NORTH KOREA AND SOUTH KOREA」を選んでチャートを購入します。確か、2,500円だったと思います。
チャートの色使いや使い勝手など、NAVIONICSにはやや劣る感じもしますが、チャートが日本語表記というのが良いです。私は念のためバックアップだと思って購入しています。
Plan2Navの画面

お試しあれ!
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
電動工具のバッテリー
 充電式の電動工具は近年、パワフル&便利で仕事で重宝しています。
私の場合、少なくともドリル、インパクトドリル、マルノコは、出先で大活躍です。

これらの充電式バッテリーは、携帯電話やスマホと同じで、それなりに早い時期に寿命を迎えます。ヘビーユーザーなら1年持たないこともあります。私の場合は1年半程度でしょうか。
これを単体で買おうとすると、少なくとも福沢諭吉様が1枚と夏目漱石様が1枚以上飛んでゆきます。
予備のバッテリーも必要ですから、また諭吉様と漱石様が飛んでゆきます。
ま、数年で電動工具本体の価格よりもバッテリー代のほうが上回ってしまうわけです。

経費削減のため、これまで、純正品本来の能力まで再生されるのかどうか不安で信用していなかった「リセル バッテリー」を購入することにしました。
自分なりにwebで色々調べた結果、なかなか評判が良いというところにお願いしてみました。

「リセル バッテリー」とは、バッテリーユニットを丸ごと買い替えるのではなく、バッテリーユニットの中身(セル)のみ交換してもらうものです。
ですから、使えなくなった(能力の落ちた)手持ちのバッテリーユニットを業者に送らなければならないという手間と少々の時間がかかります。その間、送ったバッテリーユニットは使えないので、仕事の段取りは考えなくてはなりません。

今回、お願いした業者さんは、電動工具以外にも様々な「リセル バッテリー」を提供してくださる様子です。
私物の仕様は12Vで容量3.3Ahですがリセルの場合は容量が下がってしまう場合が多いなか、中身は新品と同じ3.3Ahに交換してくださるそうで、安心です。
(…まだ12V使ってるの?と言われそうですが、このインパクトドリルはなかなか良く持ってくれるし、専用の充電器を直に接続するとバッテリー無しでAC100Vでも使える便利なモノ!)
また、少し値段が上がりますが、「Balanced」を選ぶと、内部のセルの負荷の均等化を行ってくれるのでますます安心です。今回、私はこの「Balanced」をお願いしました。

余談ですが、最近の14Vや18Vのバッテリーは、弱っている兆候が出ないまま突然動かなくなるので、「そろそろ充電しないと」という心の準備ができません。だからあんまり好きじゃあありません…などと言い訳をしてみる。ゆくゆくはこちらにシフトしていくのよねぇ(苦笑)

バッテリー

オンラインで注文して、早速現物を送ります。
原則、作業着手から1週間程度の時間で返送されてくるそいうことでしたが、私の場合は先方に到着して4日後には手許に送られてきました。発送から5日で戻ってきたことになります。対応が早くてよかったです。
価格は1個あたり6,185円。今回、2個お願いしたので12,370円。あとは往復の送料が1,200円程度。

使用感としては、当然パワフルで満足です!
あとはどれくらい持ってくれるのか…

ご興味のある方、こちらをどうぞ。
電動工具以外にも、ノートパソコンやらラジコン用など幅広く対応してくれるようで、カスタムバッテリーにも相談に乗ってくれるようです。
結果が良ければ14V仕様のマルノコのバッテリーをお願いするつもりです。

日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink