propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
移植
 出航頻度の少ないクルーザーヨットや、レース目的で所有されているヨットとなると、エンジンの運転時間も少ないため、エンジンの日頃の点検が疎かになりがちかもしれないですね。
エンジントラブルがあると、割とクルマのエンジンと比較されてしまうので、「あまり使っていないから大丈夫」と思われるのは大きな間違い。
陸と海では、使用する環境が大きく違うため、勘違いも多いと思う。

たとえば、最大エンジン回転数が6000rpmの自動車の場合、最大回転数の8割…つまり4800rpmで何時間も走ることは無い。
フネのエンジンの場合、殆どの場合が最大回転数の6~8割のの回転数で走り続ける。中には、フルで走る人もいる。
ここがまず、大きな違い。
なおかつ、エンジンの冷却には海水を使って冷やしている訳で、塩分たっぷりの水をエンジンに回しているから腐食も激しい。
腐食を防ぐための防蝕亜鉛(犠牲亜鉛)もあるが、これらをまめに交換しても何処かが腐食してくる。
舶用エンジンは高リスクであるということです。

 今回、修理の依頼を受けた艇は、オイルパイプが腐食によって穴が開き、航行中にオイルが噴き出して、メインメタルとコンロッドメタルが焼けてしまった。クランクプーリーにレンチを掛けて回そうとしてもビクともしません。
できるだけ安く済ませたいというご要望です。全開放整備となりますと、大きな出費となります。
↓シリンダーライナーにも縦傷が入ってしまっていました…
シリンダー、カジってます…

たまたま、同型の程度の良い中古エンジンを在庫していましたので、ヘッドより下のシリンダーブロック周辺一式(腰下)を移植することにしました。
エンジンを降ろして、工場へ持ち帰りました。
↓移植中です
腰下のみ移植…

壊れたエンジンのスターターモーター、オルタネーター、ハーネス、海水ポンプ、ヘッド、噴射ノズルなどは充分に使えるレベルなので、これはそのまま外して移植。念のためヘッドは移植する前にバルブの摺り合せとバルブシール交換を行いました。
噴射ノズルチェックは×とは言えないけれど、△だったので、分解・シム交換で圧力調整を行って取り付けました。
後日、エンジンを載せて、海上試運転を済ませてOK!
IMG_2232_convert_20150831203706.jpg

オーバーヒートランプの点灯とブザーが鳴るのは焦りますが、特にオイルの警告ランプとブザーが鳴ったときは、すぐにエンジンを停止しないと、あっという間にエンジンは損傷してしまいます。オイルがエンジンに行き渡っていない訳ですから確実に焼けます…
ヒート(水温上昇)なのかオイル(油圧異常)なのかはランプで判断するしかないので慎重に!!



スポンサーサイト
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
VOLVO 2003T 緑色のカタツムリ
ここのところ同型式のエンジンを触る機会が多い…
小型ヨットにターボ付きのディーゼルエンジンは如何なものか?

確かに自然吸気の同等の出力のエンジンに比べて、ターボ搭載エンジンは排気量が小さくコンパクトになり、省スペースで高出力は得られる。

VOLVO PENTA社の「2003T」が今回の対象ですが、過去に経験したトラブルは、殆どがターボチャージャーの不良とそれに付随するブローバイの問題…元々ピストンリングやライナーの精度が低かったのか排気に煙が多く見られ、ブローバイガスも多いような気がします。
ブローバイガスが多いと、クランクケース内の圧力が高くなって、ターボチャージャーに送られるエンジンオイルが戻りにくくなり(正圧=+圧力)になり、タービン室側にエンジンオイルが漏れてしまう。←この場合はタービンの異常ではなく、エンジン本体に起因するが、多くの場合、排気側のタービンがハウジングと一体化して固着している。

2003Tの場合、生産中止からかなりの年月が経過しており、ターボチャージャー本体の新品は存在せず、リビルト品しか供給されていない。
ちなみに、2015年4月3日現在、ターボのリビルト品の価格は235,000円!高価すぎる!!
翌週の4月6日には価格改定があり、その価格は303,000円!!! 凄まじい値上げ…
たまたま、ぎりぎりで値上げ前の注文だったので、良かったものの、この先交換する人はいるんだろうか?
緑色のカタツムリ
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
私の知らない世界
 仕事でお邪魔している造船所。
今日は、何と修理ヤードに「ヘリコプター!」???
おもちゃではありません。本物の4人乗りの小型ヘリコプター!!
浮力体があるので、水面にも着水できるのでしょうか。
おもちゃではありません

私は、大型のモータークルーザー(110フィート)のメンテナンスのお手伝いをさせていただいてますが、この船のオーナーさんが昨日、モータークルーザーの仕上がり状況を確認に来られたときに乗って来られたのがこのヘリコプター。
狭い場所なのに、うまいこと着陸できるんですね。

帰路の時点で天候悪化のため、「置いて帰るね!」…陸路でお帰りに…ヘリコプターを置いて帰られました。
私には信じられない世界です。
数日後に取りにいらっしゃるそうなので、フライトの瞬間に立ち会えるかも!?乗せてもらえませんよね?
楽しみです。

日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
カープうどん
 怠け癖も回を重ねるごとに慢性化?新年のご挨拶もしないですみません。
時はすでに3月。だんだんと早い時間に瞼が重くなるという老化という症状が顕著になってきたのを理由にしたいところではありますが、そこはさておき(笑)、

3月8日(日)マツダスタジアムにカープvs.ヤクルトのオープン戦を家族で観戦してきました。
この日は、あの「黒田博樹」が初登板ということで、プレイボール2時間前の午前10時に球場へ…
ところが、すでに球場周辺は観戦に訪れた人でごった返しており、既に入場券を持っていた私たちは入場できないのではないかという焦りを感じて、走って場内へ!スタンドの半分くらいは埋まっていた。
試合前のウォーミングアップで、黒田がキャッチボールを始めると、場内から熱い声援。私も食い入るように見た。
予定通り先発は黒田。しかし、風が冷たくて寒い!!
黒田の第1球↓
黒田の第1球!
球速は140km/h前後なのだけど、球は重いようで、空振りをとったときのグラブに収まるときの音も重い。
バットに当たっても、ボテボテのゴロか、フライ。
「フロントドア」とか「バックドア」という魔球を投げるらしいが、スタンドからはそんなことはわからないから、シーズンが始まったら、家のテレビでじっくり見てみたい。
試合が始まってからしばらくすると、何とシーズン中の巨人戦を思わせるほどの殆ど満席状態!!!
黒田の当初の予定の3回を超えて4回+1/3までサービス?してくれた。
日差しは少しずつ強くなってきたけれど、やはり寒いので、「カープうどん」♪
寒いだけに長蛇の列のため、試合が始まって5回が終わったころに買いに行く。
カープうどん(天ぷら)♪
きつね、天ぷら、肉、全部乗せとあるが、好物は「天ぷらうどん」。カミさんも娘もため息をつきながら旨そうに食べる。
これでもっと幸せになれた。
黒田にえ~もん見せてもろうたし、家族も満足♪
暑くても、寒くても、カープが勝っても、負けても、欠かさないのがカープうどん。
今年は食べる回数がかなり増えるような気がします。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ライブカメラ(ラズベリーパイ)
⇒ 続きを読む
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。