FC2ブログ

propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
すでにバラしちゃったので…
 ボート用ディーゼルエンジン(450馬力)のターボチャージャーをオーバーホール。
慎重にバラしたまでは良かったのですが、何やら排気ガスが漏れてる形跡が…(^^;
ガーン!!排気タービンのハウジングが割れてるぅ~♪ 笑っている場合ではない!このボート、何が何でも今週末にお使いになられるとか(大汗;)
バラしたのは仕方ないけど、部品が間に合わない…
困っちゃいました(>_<)
ターボがっ!

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |permalink
携帯電話ビンボ~…
別に意図して集めている訳ではありませぬ。
何となくもったいなくて処分できない携帯電話。
マスト上の高所作業や、狭いエンジンルーム、基本的に塩水が相手の商売ですから、色んな過酷な条件にさらされます。
転落死、圧迫死、水没死…もちろん、携帯電話のことです。
真ん中の青いのが、一昨日ツナギ服のポケットの中でお亡くなりになりました…多量の塩水が内部に入り(海水ではなく私の発汗による)と度重なる圧迫によるもの。DOCOMOショップで司法解剖の結果、中のFOMAカードとやらもお亡くなりになっていたとか。
向かって左は今回購入した防水携帯。ちょっと高くついてしまったので、頑張ってくれよ~!!DSC01523.jpg

未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
初体験(*^_^*)
錆びるのがとにかく嫌!!というご要望におこたえすべく、エンジンの錆取り・旧塗装全剥離・下地(錆び止め)塗装・上塗り塗装のためだけにエンジンを降ろすという作業。
普通はエンジンのオーバーホールとか、駆動系の交換とかが殆どの理由で、これまで数々の作業を行いましたが、今回は錆び落としと塗装のためだけにエンジンを降ろすというもの。まさしくこういったシュチュエーションは初めてです!
エンジンの補機類を外し、すべて塗装を剥離。部分的な錆び打ちをして、下地(錆び止め塗料)を塗装、その後2液性ウレタン塗料を塗装しました。気合入りました!
恐らく新品エンジンよりも錆びるスピードは遅いと考えられますので、2~3年で錆びたと言われれば、結果は良くないということになりますから、忘れることにします(苦笑)
ぴっかぴかのエンジン♪

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。