propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
造るべし!(その3)
 ヨットのラダー製作、完了しました。
前回に引き続いて、仕上げの塗装です。
状態をみるために船体に取り付けていたラダーを外して、
エポキシアンダーコートを3回塗装
エポキシの塗装

エポキシ塗装の硬化を待つため4日間置いておき、
表面サンディングのうえ、船体に取付。
船底塗装。
完了しました♪

オーナーさんにご覧いただいて、「笑顔」と「ありがとう」の言葉をいただき、完了となりましたm(_ _)m

喜びを感じるひとときでした。ありがとうございます。

スポンサーサイト
ヨット | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
造るべし!(その2)
 ヨットのラダー製作…前回の続き、その2です。

本来なら、同型艇のラダーの型取りをして製作したいんですが、同型艇は関東方面にあって広島から出向くにはコスト面でも厳しいということで、創作作業をすることになった訳です。

当方で書いた図面をもとに金属加工専門の業者さんにSUS(ステンレス)で作ってもらったラダーシャフトと骨格は、重さにして約40kgと重いんですね。
シャフトの直径は55φで、長さは約1.8mありますし、骨格は厚さ6mmのものですからそれなりの重さに。

これを型に入れて材料を流し込んで衣(ころも)を付けたうえに、FRPで積層しますから、そりゃあかなりの重量になります。恐らく70kgくらいになってしまうんではないかと思います。
(ここまでは前回の記事見てくださいな)

ワンオフなので、粗い型から抜いたものをサンディングして形を整えます。
何となく巨大なアイスキャンディーみたいですね(笑)
巨大アイスキャンディー!?
扇風機回しながらサンディングしますが、私はすでに粉まみれです…(((((^^; 最近、気温が上がってますんで、汗かいた顔に粉がつきます…バカ殿様状態です。

角度を変えて見ます。歪みができるだけ出ないように簡易な治具と目視しながら、整形します。
削って整形

表面が整ったので、FRPの積層です。
FRPの積層です

念のため、ヨットに仮付してみます。
ヨットに仮付けしまみます…
が、しかし!ラダーシャフトの先端から製作したラダーのブレードの最下端までの長さは、約2.5m!
船台に乗ったヨットに差し込もうと思いきや、船底までの垂直距離は約2.3m。
重いし、トップヘビーだし、斜めに突っ込まないと入らなかった(大汗)
ここまで来ると、何だかホッとします。

残すは仕上げ。
あと少し。。。とりあえずお疲れサマ。

ヨット | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
造るべし!
 ヨットのラダー製作の依頼を受けました。
現物が無いので、同型艇の写真とざっとした寸法をもらってワンオフの創作作業となりました。

SUS(ステンレス)でラダーシャフト&骨格の製作を専門の業者にお願いして
ラダーシャフト
写真は試しに船体にセットしてみたところです。

さてさてここからが私の本番の仕事。
合板で粗型を造って、
型を作って材料を流し込み

ラダーシャフト&骨格を型にセットして樹脂系の材料を流し込みます。
硬化を待って型から外したところです。
型から抜きました

天候が不安定ですし、回航時に痛めた腰の骨の状態がよくわからないので無理しないようにぼちぼちとやっております。

これから整形してFRP作業となります。ラダーの製作状況はまた次回♪

雨が降らんことを祈りつつ…(^^;


ヨット | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。