propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
レストアー再開です
続ヨット「デヘラー28」のエンジン換装に伴い、

降ろした旧エンジン「VOLVOの単気筒(ディーゼル10hp)」が南半球(オーストラリア)のセイラーの元へお嫁入りする準備が整いました。それなりに旧いエンジンですが、とても調子が良いので再利用できる船はないかと思っていたところ、小型のトリマランに載せてお使いになりたいというご要望が合致して、再利用されることに感謝です。

エンジンの点検と部品の交換等を行いましたが、これはすんなり終了。
お客さんのご要望で、すでに生産中止となっているセイルドライブ専用のエンジンベッドを、元のベッドから型取りしてFRPにて製作。これにはそこそこ時間がかかりました。こいつの製作の過程はこちら
VOLVOエンジンベッド製作

同じく輸送用の台座をFRPで作ってエンジンベッドとエンジンを固定。
エンジンを台座に固定

何せ輸出用の専用梱包が必要。その国固有の植物や動物が国外に出て行ったりして、外来種として生態のバランスを崩すのを防ぐため、木枠は『燻蒸処理』をされた木材を使わなければならないとか。これを知らなかったら、輸送用の台座などFRPで作るわけもなく、うかつにその辺の木を使ってしまいそうでした。
最終的に、周りに木枠を組んでパレットも製作しなけりゃなりませんが、面倒なのでこれ以上は専門業者に。
廿日市市にある梱包専門業者に持ち込みました。あとは通関と船積みを待つことになります。

さてさて、そのデヘラー28は、その他の仕事の兼ね合いもあってしばらく休止していましたが、
エンジンはパワー&スピードアップを考えて、エンジン換装作業中です。
中古YANMARの2気筒(ディーゼル18hp)エンジン+セイルドライブを載せるため、まずはエンジンの整備にとりかかりました。これが終わればエンジンベッドを製作します。
YANMAR 2GM20C

エンジン載せたら、船体外観のレストアです。
色々ありすぎてワクワクしてます♪
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< オタフクとカープ | home | 美味い♪けど微妙に紛らわしい罪悪感…?(苦笑) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。