FC2ブログ

propman's diary

「ヨット&ボートの修理屋」 propman(プロップマン)の身の回りの出来事などを綴っています・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
タイトな旅もなかなか良しです!
4月18日~22日、お誘いがあって久しぶりにヨットの回航に行ってきました。
愛知県蒲郡~広島市内までのちょいとした距離。ヨットは34フィートでなかなかの渋めのもの。

愛知というとこれまで名古屋からの回航は何度かあったけど、不思議と蒲郡からの回航は初めてだったりします。
回航自体は業務回航なので、少数精鋭(笑)の2人で、できるだけ距離を稼ぐために必要が無ければ寄港はしないつもり。

地元の人に訊けば、鬼門は伊良湖水道あたり。西の風なら好条件で追手。ここを抜けてもアビームで走れる絶好のコンディションということだけど、今回はどうやら東…
東の風であっても何とかここを超えれば、東の追手でそれなりに楽に走れるということで挑んだのですが、伊良湖水道直前で、洗礼に遭った…

水道ではなく神島の西をまっすぐ抜けるコースもあるんですが、少し西には暗岩・洗岩がうようよあるので、こんな荒天かつ夜間でトラブったら大変です。ましてや普段通り慣れるどころか、我々は広島人。こんな冒険は回避すべきでしょう。

三河湾の出口に差し掛かると、東の風25~35ノットで、水道に入るには真正面から風と波を受けることになるし既に日没を過ぎた状態で、雨雲も近く視界がよろしくない。
本船航路である此処はさながら大型船の銀座通りで、本船が切れ目無しでやってくる。うねりと波が邪魔をして、すんなりと航路にな入れそうもなく、そうこうしている間にバウハッチから海水がざぶざぶ…水密に問題がでてきたと思いきや、今度はエンジンがヒートのアラーム…(((((((^^;

やむなし。スローで蒲郡に帰って出直すことに。
雨も降り始めて、視界も益々悪くなり、日付が変わってしばらくして蒲郡に着いた。

大きなタイムロスで少々悔しくもあったけれども、隠れていた悪い箇所がはっきり出たので結果はオーライです。
マリーナで悪い部分の対処をし、旨い魚も食べて充電して翌朝早く蒲郡を再度出港。
一昨日とは逆に西の風で、
ちょうど明るくなった頃に伊良湖水道を通過。予想通りの追手でサーフィング!
水道抜けても一定の西風で20~30ノット。波はあるけど良い波でジブをちょいと出して機帆走。
3~4時間おきにワッチの交代。
大王崎沖↓
大王崎沖

もう少しで瀬戸内海!紀伊水道↓
紀伊水道の朝焼け
蒲郡を出港してノンストップ、約30時間で徳島市の近辺までたどり着き、鳴門の潮待ちで「けんちょぴあ」に係留させていただきました。出入港含めて5時間くらいでしょうか。上陸してご飯をいただき、船内で軽く仮眠。
けんちょぴあ
すんなりと鳴門を抜けてあとはおなじみのコース。ホームグランドです。
徐々に日没を迎え、備讃瀬戸は夜間航行。再びスリリングな(笑)水道です。お馴染みの「こませ漁」も夜間にしっかりと遭遇。航路は渋滞していました(苦笑)

結局、20日の早朝に蒲郡を再出港して、広島市内に到着したのが。22日のお昼前。
約55時間(鳴門の潮待ちを除けば50時間)の連続航海、
距離にして約330マイルくらいでしょうか、タイトなスケジュールでしたが、久しぶりに程よい緊張感と冒険心をくすぐってくれる回航でした。
カップ麺とか缶詰とか、何故かしらこういったときはかなりの御馳走で好きなんだよなぁ。。。

スマートフォン(アンドロイド)を愛用していますが、NAVIONICSのナビシステムは最高に役立ちました。
値段も\1,000ちょっとで日本全土はおろか、オーストラリアまでカバーしてます。
スマートフォンが壊れると電話もかけられなくなるので困るので、色々と問題はあるのですが、防水対策でビニールとラップを巻いて、電源(充電器)を常に繋いで電源をしっかり確保しました。画面の明るさを最強にしても昼間だと直射で見えにくいし、夜間は画面を暗くしても明るすぎるくらい。
でもこれを使って夜間の備讃瀬戸を走りました。チャートの色使いや情報の詳細さがとても良くて、本船ブイを簡単に見つけることができました。
持って行ったハンディGPSよりも画面が見易くて、重宝しましたよ!
こりゃ、使えます!
写真は潮に乗って8.3ノット出てます。

余談ですが、伊良湖水道手前で、船内でチャートワークしてましたら、ヨットが波を食らって身体ごと飛ばされたのが良くなかったのか、背中に痛みを感じつつ我慢して帰ったのですが、帰って診てもらったら背骨の「横(おう)突起骨折」だったようで、コルセットが欠かせない毎日です。
笑ったり咳すると痛いっす(>_<;
風呂にも入れず(らず)、潮まみれの汚いオッサンだったことには間違いないく、帰ったらカミさんに「ヨレヨレじゃんか」と笑われました(笑)
まあ、これも楽しや♪

短時間で内容の濃い回航でした!また行きたい!!

スポンサーサイト
ヨット | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 造るべし! | home | 趣味なクルマ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。